ニコチン依存症

まず下記のニコチン依存症チェックリストをきちんとご覧になってください。

1.起床後何分最初の喫煙をしますか?

□5分以内(3点)  □6-30分以内(2点)  □31-60分以内(1点)  □61分以上(0点)

2.喫煙が禁じられている場所で禁煙することが難しいですか?

□はい(1点)      □いいえ(0点)

3.一日の喫煙の中で、どれが一番やめにくいですか?

□朝、最初の一本(1点)     □その他(0点)

4.一日に何本のタバコを吸いますか?

□31本以上(3点)    □21-30本(2点)    □11-20本(1点)    □10本以下(0点)

5.ほかの時間帯より、起床後数時間に多くのタバコを吸いますか?

□はい(1点)     □いいえ(0点)

6.ほとんど一日中、床に伏している病気のときも喫煙しますか?

□はい(1点)     □いいえ(0点)

チェック表は禁煙治療の際、ニコチン依存症を調べるファガストローム式と呼ばれるもの。0-3点=依存度は低い、4-6点=中程度、7点以上=高い、と判断される。

依存症の原因は脳の化学反応=判断にあり、脳内を流れる血液に含まれる成分の濃度が影響する。脳細胞の唯一の栄養素であるブドウ糖の血中濃度が下がれば空腹感、上がれば満腹感を覚える仕組みと同じ。

血中ニコチン濃度が長期間高いと脳はその状態が正常と判断し、タバコをすいたくなるというわけだ。

ニコチン依存症はタバコをやめるといらいらする離脱症状が出る。ニコチン依存症を解消すると禁煙は容易になるが、長期的な成功率は定かできない。結局はタバコによる健康障害をどう受け止めるかにかかっている、と禁煙治療の専門家は強調している。

喫煙率を減らすよう国の政策を求める声も高いが、最終的には本人の意志次第である。