タバコは高血圧に深く関わっています。

タバコを吸う男性は少なくないでしょう。タバコの危害から考えると、禁煙治療は今全社会が関心しなければならないのです。タバコをよく吸うと、いろんな病気を引き起こす可能性があります。中には喫煙により癌になる可能性が高いことは知られています。また、タバコを高血圧に深い、関わりがります。これから高血圧とタバコの関係について紹介します。

血圧にとって、たばこは百害あって一利なし。タバコの煙に含まれている「ニコチン」や「一酸化炭素」が副腎を刺激して、血圧を上げるホルモンを分泌します。さらに、交感神経も興奮させるため、たばこを吸うと血圧は上がります。長期的に吸うほど善玉コレステロールが減少し、反対に動脈硬化を促す悪玉コレステロールを増加させるため、結果として狭心症や心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。

調査によると、タバコ1本で血圧が10~20㎜Hgほど上昇し、その状態が15分ほど継続されます。つまり20本吸うと合計して5時間以上は高血圧状態になるというわけです。

高血圧の人がタバコを吸った場合の脳卒中のリスクは、高血圧で吸わない人に比べて約4倍になります。脳卒中のリスクが約4倍になります。ただし、禁煙を続けていけば、脳卒中のリスクは、タバコを吸わない人と同等にまで低下することがわかっています。最良の選択は禁煙です。