タバコに配合される有害物質

喫煙は健康にいろいろな悪影響を与えることができると周知されています。タバコの煙に、200種類以上の有害物質が含まれて、それらの有害物質の中に発がん性物質がだいたい50種類以上あります。また、ニコチン、タールと一酸化炭素という三つの物質は3大有害物と呼ばれています。

ニコチンは血管を収縮させたり、血流を悪くさせたりする働きがあります。また、ニコチンは摂取してから数秒で全身に巡って喫煙者に快感を感じさせることができます。それで、ニコチンは身体的な依存性を引き起こしやすいと認められています。他には、ニコチンを体外に排出するために、肝臓、肺及び腎臓に重い負担をかけて、心拍数や血圧の上昇、動脈硬化、腎臓病を誘発するリスクが高いです。

タ−ルは、ほとんど吸収されていませんけど、肺やのどにくっついて、がんの発生を促進したり、発育を加速させることができます。一酸化炭素は赤血球の酸素運搬能力を阻害し、体を酸素欠乏状態にさせることで、頭痛、めまい、びれや動悸などの症状をもたらすことができます。動脈硬化症や狭心症、心筋梗塞などの心臓病を発症させる一つの重要な原因とされています。まとめて言えば、喫煙の悪影響は自分だけでなく、家族や周囲の人たちの健康にも及びます。

★ジェネリック薬の価格と維持時間
レビトラジェネリックの徹底比較