タバコの危害はあなたが知っている?|禁煙治療について

タバコを吸う男性は少なくないでしょう。だからタバコの危害から考えると、禁煙治療は今全社会が関心しなければならないのです。当サイトは、タバコの危害と禁煙治療の情報についてご紹介いたします。ぜひご参考になってください。

まずは、タバコの危害についてご紹介いたします。

  •  タバコをよく吸うと、ガンが起こる可能性が高いです。喫煙により癌になるリスクがあることは知られていますが、タバコに含まれている40種類にも登る発がん性物質は咽頭ガン、肺ガン、胃ガン、食道ガンなど様々なガンのリスクを非喫煙者の数倍から数十倍にまで高めます。
  •  動脈硬化になる恐れがあります。タバコは末梢神経の収縮や血圧上昇を引き起こします。このため心臓負担が増加する他、ニコチンの作用により悪玉コレステロールの働きが活発化し動脈硬化が進行します。
  •  胃潰瘍また十二指腸潰瘍が起こる可能性があります。喫煙は血流が悪化することにより胃腸の粘膜に対して十分な血液が行き渡らなくなります。それで胃腸が傷つけられ胃潰瘍や十二指腸潰瘍などのリスクが高まります。
  •  また、タバコをよく吸うと、歯周病になる恐れがあります。タバコのタールにより歯茎や歯に黒ずみができます。また、喫煙者は非喫煙者と比べて歯周病が発症するリスクが上昇します。
  •  肌には悪いです。タバコは、お肌の新陳代謝を低下させるだけでなく、一酸化炭素による血行不良を引き起こし活性酸素の増加によりシワを増やします。だから、タバコをよく吸う人は肌荒れになってしまいます。
  •  タバコは老化を促進します。

以上はタバコの主な危害となります。

だから、禁煙治療は特に重要になります。喫煙習慣の本質はニコチン依存症となります、本人の意志の力だけで長期間の禁煙ができる喫煙者はごくわずかであることが明らかになっています。欧米ではニコチン依存症を「再発しやすいが、繰り返し治療することにより完治しうる慢性疾患」と捉え、禁煙治療に対する保険給付などの制度を導入して、多くの喫煙者が禁煙治療を受けることができるよう社会環境の整備を進めています。日本国内もそれを学んだほうがいいのではないのでしょうか。

では、禁煙治療はどんな方は受けられるのですか。

実は、ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で5点以上、ニコチン依存症と診断された方、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方、直ちに禁煙することを希望されている方は全部禁煙治療を受けることができます。もしあなたも以上の標準に足りると、早めに禁煙治療を行ったほうがどうでしょう。